介護の売上管理をシンプルに

subpage01

介護事業所では、介護報酬申請を行って国から得る収入と、利用者から得る収入の2通りを管理することが求められます。

利用者によって要介護度や要支援度が異なり、請求する金額の管理も煩雑だと言われています。

また、事業所が複数ある場合は、それぞれに割り当て番号があるので事業所ごとの売上管理も必要でしょう。
一般的な企業でいう支店会計が、事業所それぞれに求められています。

会計に不安のある事業所は、会計士や税理士に相談しておけば良いと思うでしょうが、税務に関する専門知識があっても、介護の会計に詳しい人ばかりではありません。
そこで、該当事業専門の売上管理ソフトが便利だと言われています。



もちろん、多様な管理ソフトがあるので、事業所数に合わせた部門計算ができるものといった条件を指定して探さなくてはいけません。

保険請求分と利用者請求分を分けて計上できること、そして部門別管理と全体の管理までできるタイプが使いやすいです。

T-SITEのクチコミ情報を求めています。

利用者からの支払いは、口座振替で行われることが多いですが、一部では現金入金となり小口現金が発生する可能性もあります。
未回収金管理では、口座振替と現金払いにわけて把握できれば、さらに利便性が高くなります。

特殊な事業であるため、企業会計や病院会計とは異なる売上管理を行います。

介護事業所向けの専用売上管理ソフトがあれば、業務をシンプルに正確に行うことができるようになります。



事業所と共用できるソフトなら、コスト負担も軽減できるでしょう。